費用について|不動産鑑定事務所 よつば鑑定

評価書の用途と費用負担

鑑定評価書にはいろいろな使い方があり、状況によって費用負担が異なります。
ここでは典型的なパターンをご紹介致します。

    1. 第三者との売買に当たり、価格交渉のための基礎資料とする場合

    価格交渉を有利に展開したいならば、少なくとも自分は適正な価格を把握しておくことが何よりも重要です。この「適正な価格」を基準にして価格交渉に臨めば、相手の動きが手に取るように分かります。
    なお、売買相手には鑑定評価書は見せない方が、より良い条件を引き出せる場合もあります。この場合評価書は自己名義で発行し、費用は全額自己負担となります。

    2. 借地・底地の関係にあるなどの当事者売買に当たり、意見を求める場合

    借地関係を清算するために土地の所有権者が借地人に買取を申し出る場合があります。このような、すでに旧知の間柄にある場合、交渉決裂により関係が悪化することのないよう、できる限り良好に清算したいと望むものです。それならば、「鑑定評価額による適正な金額で清算しましょう」するのが最も円満な解決方法となります。
    このように、両者からの申し出による使い方の場合には、評価書は売買当事者の名義(連名)で発行し、費用を売買当事者で折半することも多いです。

    3. 現在借りている賃料について、既に揉めている状況で、仲裁的に意見を求める場合

    事前に交渉をしたところ、お互い自己主張をするばかりで、折り合いがつかない状況になってしまった。そこで、第三者としての意見である鑑定評価額によって決着しようという場合があります。
    このように両者からの仲裁的な使い方の場合には、評価書は賃貸借当事者の名義(連名)で発行し、費用は賃貸借当事者で折半することが多いです。

    4. 同族間売買の場合

    個人の資産を法人へ売却するスキームにおいては、適正価格の証明のために鑑定評価書を活用するのが一般的です。
    この場合には、経費計上の容易さから、法人名義で発行し、費用は全額を法人の負担とすることが多いです。

トップページへ戻る

 

 


会社概要 業務内容 訴訟鑑定研究会とは 広大地判定
東京事務所
埼玉事務所
弊社の強み
具体的な実績
FAQ
不動産の一般鑑定
不動産の簡易鑑定
インスペクション付鑑定評価
価格意見書(机上査定)
不動産の調査報告
セカンドオピニオン
地代に関する不動産評価
家賃に関する不動産評価
有料相談
総合的不動産診断サービス
よつば広報部
弊社の成果品について
理念
メンバー
特徴
仕事の流れ
調停・裁判における研究会の仕事
お役立ちリンク
研究会広報部
広大地判定の基礎知識と重要なポイント
広大地判定における3ステップ
該当事例
広大地適用が困難な場合は
判例・裁判例にみる広大地
広大地広報部
鑑定費用について メディア 不動産重要判例 お役立ち知識
弊社 の鑑定費用
評価書の用途と費用負担
書籍
士業向け情報誌
インタビュー記事
セミナー
テレビ・ラジオ・雑誌等の取材協力
相続
継続賃料
立退料
固定資産税
広大地
不動産鑑定評価
その他
不動産購入をお考えの方へ
依頼先を決める際の注意点
無料査定と鑑定評価との違い
注意が必要な場面
公的価格と時価
税務評価と鑑定評価の違い
善管注意義務の話


ご案内

よつば鑑定の営業時間

東京(月~金)9:00~18:00

埼玉(月~金)9:00~17:00

お問い合わせはこちら