訴訟鑑定研究会|不動産鑑定事務所 よつば鑑定

訴訟鑑定研究会とは

訴訟鑑定研究会(CRL=Collegium on Real estate appraisal in Lawsuits)は、 CRLロゴ
調停や裁判で提出する鑑定評価に特化した「負けない鑑定」を目指し、
より高度なサービスを提供することを目的とした不動産鑑定士の集まりです。

調停で提出した鑑定評価書は、そのまま裁判でも使われてしまいます。
ですから、「まだ調停だから」と安心せず、裁判を見越した上で、
ミスのない、合理的な鑑定評価書が必要なのです。

このような場合にお力になれます

  • 調停や裁判において、不動産の適正価格を主張したい
  • 調停や裁判において、相手方が出してきた不動産鑑定評価書に対して疑問がある
  • 不動産がらみの問題で、調停や裁判にはまだ発展していないが、可能性がある

【ワンポイントアドバイス】

  • 賃料を改定する場合の適正賃料(継続賃料といいます)の評価は、訴訟に発展する可能性が高いため、あらかじめ訴訟までを見据えたしっかりした鑑定評価書に基づいて相手方と交渉することが望ましいです。
  • 調停や裁判においては、一度鑑定評価書を提出すると、それが資料として後の裁判でも使用されます。もし「ミスのある鑑定評価書」を提出してしまうと再提出ができないのはもちろん、そのミスを相手方から指摘され、不利になってしまうのです。

まだ弁護士が決まっていないという方でも、必要であれば、不動産に強い弁護士を紹介します。調停や裁判については、専門家がタッグを組んで対応するのが望ましいと私たちは考えています。より早くご相談いただけると、より良い解決方法が見つかる場合があります。長期間の戦いになることも考えられます。私たちは「鑑定評価書を出して終わり」には致しません。
ぜひ一度、ご相談ください。

→お問い合わせはこちらから

→訴訟鑑定研究会については、こちらもご一読ください

実績

  • 借地人から借地権を買い受ける場合の鑑定評価(埼玉県の個人地主)
  • 相続に絡む所有不動産の鑑定評価及び意見書作成(神奈川県の税理士)
  • 建物の損害額の参考のための鑑定評価(沖縄県の一般企業)
  • 賃料減額請求に対する継続家賃評価(北海道の一般企業)
  • 土地の売買価格の適正さを判定するための鑑定評価及び相手方評価書についての意見書(茨城県の個人)

弁護士の方へ

それは小さな疑問かもしれません。でも、不動産鑑定士から見たら、それは大きな問題点になるかもしれません。やがて、突破口となり、決め手になるかもしれません。
実は、不動産鑑定評価書が必要になった時点でのご相談より、もっと早い段階でご相談いただけると、より良い解決方法が見つかる場合があります。
「もしかしたら、鑑定評価書が必要でない案件かもしれない」とお思いでも、不動産に関することなら、どんな小さなことでも構いません。お困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。きっとご協力できると考えています。

→お問い合わせはこちらから

訴訟鑑定研究会イメージ

トップページへ戻る

 

 


会社概要 業務内容 訴訟鑑定研究会とは 広大地判定
東京事務所
埼玉事務所
FAQ
不動産の一般鑑定
不動産の簡易鑑定
価格意見書(机上査定)
不動産の調査報告
セカンドオピニオン
地代に関する不動産評価
家賃に関する不動産評価
有料相談
総合的不動産診断サービス
よつば広報部
理念
メンバー
特徴
仕事の流れ
調停・裁判における研究会の仕事
お役立ちリンク
研究会広報部
広大地判定の基礎知識と重要なポイント
広大地判定における3ステップ
該当事例
広大地適用が困難な場合は
判例・裁判例にみる広大地
広大地広報部
鑑定費用について メディア 不動産重要判例 お役立ち知識
弊社の報酬規定
評価書の用途と費用負担
書籍
士業向け情報誌
インタビュー記事
セミナー
テレビ・ラジオ・雑誌等の取材協力
相続
継続賃料
立退料
固定資産税
広大地
不動産鑑定評価
その他
不動産購入をお考えの方へ
依頼先を決める際の注意点
無料査定と鑑定評価との違い
注意が必要な場面
公的価格と時価
税務評価と鑑定評価の違い
善管注意義務の話


ご案内

よつば鑑定の営業時間

東京 (木~月)10:00~19:00

埼玉 (月~金)9:00~17:00

お問い合わせはこちら