費用について|不動産鑑定事務所 よつば鑑定

弊社の鑑定費用

弊社では、事前にお客様からお話を十分にお伺いした上でお見積もり(無料)をさせていただいております。
業務は全国対応ですが、交通機関によっては別途費用(実費)がかかる場合があります。(基本的に、関東近郊は交通費不要)
また、「再評価割引」「ご紹介割引」「複数物件割引」等、内容に応じた報酬の割引も行っています。

  • 再評価割引:弊社にて過去に評価した同一物件について、再評価を行う際に適用する割引です。
  • ご紹介割引:弊社にご依頼いただいた方よりご紹介を受けた場合に適用する割引です。
  • 複数物件割引:一度に複数の物件を評価する場合に適用する割引です。

お見積もりは「お問い合わせフォーム」から請求できます。

一般鑑定

国土交通省が定める不動産鑑定評価基準に則った法律上の正式な鑑定評価であり、説得力が高いため、価格に対する証拠書類として利用する場合や、相手がある場合(争訟等)のご利用におすすめします。
一般鑑定に関する詳しい内容はこちらから

    宅地または建物のみの所有権 180,000円(税抜)~
    農地または林地の所有権 300,000円(税抜)~
    借地権または地代 240,000円(税抜)~
    家賃 300,000円(税抜)~
    建物付土地の所有権 240,000円(税抜)~
    マンション一室の所有権 300,000円(税抜)~
    上記以外もお気軽にお問い合わせください。

    ※対象不動産がどの区分に該当するかはご相談時にご確認ください。
    弊社独自の鑑定報酬額表に基づきます。多くの不動産鑑定事務所で使われている基本鑑定報酬額表はこちらをご参照ください。)「~」となっているのは、物件の大きさ・作業量等により報酬が異なるためです。
    ※お見積もりは「お問い合わせフォーム」から請求可能です
     

簡易鑑定

弊社の簡易鑑定は、不動産鑑定評価基準に準拠しているため、通常の鑑定評価書としてお使いいただけますが、書式を簡略化しているため、説得力が求められる場面(裁判等)ではおすすめしていません。
他社でいう不動産鑑定評価基準に則っていない簡易査定書や価格報告書等とは異なります。
簡易鑑定に関する詳しい内容はこちらから

    宅地または建物のみの所有権 130,000円(税抜)~
    農地または林地の所有権 210,000円(税抜)~
    借地権または地代 170,000円(税抜)~
    家賃 210,000円(税抜)~
    建物付土地の所有権 170,000円(税抜)~
    マンション一室の所有権 210,000円(税抜)~
    上記以外もお気軽にお問い合わせください。

    ※対象不動産がどの区分に該当するかはご相談時にご確認ください。
    ※「~」となっているのは、物件の大きさ・作業量により変化するためです。
    ※お見積もりは「お問い合わせフォーム」から請求可能です。

価格意見書(机上査定)

一般鑑定や簡易鑑定とは異なり、現地調査を実施せず、資料等で判断する机上査定サービスです。廉価で気軽にご利用いただける専門家によるサービスですが、価格証明には使えません。
価格意見書(机上査定)に関する詳しい内容は
こちらから

    5,000円(税抜)~

広大地判定(平成29年12月31日までの相続において)

広大地判定に関する詳しい内容はこちらから

    一律300,000円(税抜)

訴訟鑑定研究会対応による鑑定評価書

訴訟鑑定研究会に関する詳しい内容はこちらから

    訴訟鑑定研究会対応による不動産鑑定評価につきましては、一般報酬とは異なるため、ご依頼内容により個別見積もりさせていただきます。 

    ※なお、訴訟鑑定研究会では訴訟に特化するという性格上、簡易鑑定などでの対応はしておりません。
    ※お見積もりは「お問い合わせフォーム」から請求可能です。

セカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンサービスに関する詳しい内容はこちらから

    60,000円(税抜)~

    ※詳細は、こちらをご覧ください。

不動産調査

不動産調査に関する詳しい内容はこちらから

    個別にお見積もりします。 

    ※お見積もりは「お問い合わせフォーム」から請求可能です。

有料相談

有料相談に関する詳しい内容はこちらから

    相談料は10分あたり1,000円(税込)となります。

    ※来社(東京事務所もしくは埼玉事務所)での相談となります。 

業務における成果品の違いについて

お客様が業務を依頼する際に、様々なことを検討しなければなりません。

例えば、
・どういった成果品が欲しいのか
・業務報酬の予算はいくらくらいか
・成果品ができるまでの期間(締切)はいつくらいか
・アフターフォローはしてくれるのか
などなど・・・。 

この中でも特に分かりづらいのが「どういった成果品が欲しいのか」ではないかと思います。
お客様の依頼目的にそった成果品でないと、意味のないものとなってしまいます。
弊社の業務における成果品には、次のような違いがありますので、ご参考下さい。
(当てはまるものがなかったり、分からない場合は、お見積もりの際に具体的なご依頼目的をお知らせ下さい。)

区分  鑑定評価書
一般鑑定
簡易鑑定評価書
簡易鑑定
 価格意見書
机上査定
意見書 調査報告書
内容 現地調査に基づき不動産の適正価格を判定する 鑑定評価書の書式を簡略化したもの 机上調査により不動産の適正価格等を判定する 不動産の価格以外についての意見を述べる 不動産の価格または価格以外についての判断を述べる 
特徴 法律上の鑑定評価
(通常、鑑定評価といえばこれになります)
法律上の鑑定評価には該当しない 現地調査を行わない簡易査定 定型がない いわゆるコンサルレポート
メリット 説得力が高い 報酬が安い 報酬が安い
報告が早い
守備範囲が広い あらゆる想定に対応できる
デメリット 報酬が高い 説得力が低い 精度が劣る 価格査定は行わない 鑑定評価には該当しない
使用例 公的機関に提出する鑑定評価書 内部資料としての鑑定評価書 不動産売買における参考資料 セカンドオピニオン意見書 アパート建築比較コンサル報告書

成果品の提出先や目的からおすすめの業務を探す場合はこちらから

トップページへ戻る

 

 


会社概要 業務内容 訴訟鑑定研究会とは 広大地判定
東京事務所
埼玉事務所
FAQ
不動産の一般鑑定
不動産の簡易鑑定
価格意見書(机上査定)
不動産の調査報告
セカンドオピニオン
地代に関する不動産評価
家賃に関する不動産評価
有料相談
総合的不動産診断サービス
よつば広報部
理念
メンバー
特徴
仕事の流れ
調停・裁判における研究会の仕事
お役立ちリンク
研究会広報部
広大地判定の基礎知識と重要なポイント
広大地判定における3ステップ
該当事例
広大地適用が困難な場合は
判例・裁判例にみる広大地
広大地広報部
鑑定費用について メディア 不動産重要判例 お役立ち知識
弊社の鑑定費用
評価書の用途と費用負担
書籍
士業向け情報誌
インタビュー記事
セミナー
テレビ・ラジオ・雑誌等の取材協力
相続
継続賃料
立退料
固定資産税
広大地
不動産鑑定評価
その他
不動産購入をお考えの方へ
依頼先を決める際の注意点
無料査定と鑑定評価との違い
注意が必要な場面
公的価格と時価
税務評価と鑑定評価の違い
善管注意義務の話


ご案内

よつば鑑定の営業時間

東京(月~金)9:00~18:00

埼玉(月~金)9:00~17:00

お問い合わせはこちら

※有料相談等ご要望に応じて
土日祝でも対応致しますので、
お気軽にお申し出下さい。