業務内容|不動産鑑定事務所 よつば鑑定

住宅診断を超えた総合的不動産診断サービス

一般の方が不動産を購入しようとする場合、一番の心配事は「この不動産、何か問題はないかしら?」ではないでしょうか。この不安を解消するのが不動産診断です。
不動産診断とは、不動産の専門家である不動産診断士が、適確な調査に基づき不動産(土地・建物・環境)の状態や良否に関する意見を述べることです。

不動産診断は、不動産の価値を求める「不動産鑑定」とは異なります。
詳しくは「不動産購入をお考えの方へ(鑑定と診断の違い)」をご覧下さい。

 

また、弊社の不動産診断サービスは、他社の「住宅診断」とは大きな違いがあります。
それは、「住宅診断」はその対象が主として建物であるのに対して、「不動産診断」では、建物のみならず土地をも含む診断を行うというところです。
さらに、不動産エコ診断では、電磁波や放射線といった外部からの環境汚染物質や、ホルムアルデヒドやTVOCといった建物内部の環境汚染物質についての測定も行います。
この弊社独自のサービスが総合的不動産診断サービスなのです。

不動産診断サービスのサイトはこちらから

button.png

弊社での診断の特徴

対象となる不動産は、「新築戸建」「中古戸建」「土地」の3種類です。
不動産診断では、不動産の購入時に知っておくべきこととして、次の要因について複合的な視点からの診断を行います。
○劣化・欠陥
○資産価値判定上の問題点
○トラブルの元
○リスク
○健康被害の可能性
上記でおわかりのとおり、この不動産診断サービスは建物の劣化・欠陥確認だけではありません。

不動産診断の活用方法

○不動産の購入において、診断結果を見てから契約をする(購入の判断を決める)
※「購入の申し込みをした後であり、契約前」にこのサービスが効果的です。
○不動産の売却において、売出価格の決定に活かす
○現在の状況を客観的に判断してもらい、今後の対策の参考にする


など

テレビで弊社サービスが紹介されました

平成26年2月2日放送のTBS「さんまのからくりTV」にて、弊社の不動産診断サービスが紹介されました。

当番組は、お笑い芸人さんのお宅へお邪魔し、最近購入された不動産について欠陥などがないか調査するという内容でした。
この日の放送以前にも、この番組内では都内にお住まいの売れっ子芸人さんの新築戸建、中古戸建、新築マンションなどの不動産診断を行っています。

インスペクションプラス1

 

この日は都内某所にある中古戸建と新築戸建(注文住宅)の調査をしました。

インスペクションプラス2

 

オートレーザーによる調査
室内の水平、垂直を計ります。
部屋の傾きがないかを調べています。

インスペクションプラス3

 

クラックスケールによる調査
壁に走るひびの幅を計ります。専用の機器で調べると、正確な数値が出ます。

インスペクションプラス4

 

鉄筋探知機による基礎の調査
住宅の基礎部分に鉄筋が入っているかどうか調べます。
目視ではどうしても確認出来ない部分も、専用の機器で調べることが出来ます。

インスペクションプラス5

 

床下部分の調査
※通常のインスペクションサービスでは、床下点検口より見える範囲での調査となります。床下へ潜っての調査はオプションサービスとなっています。
シロアリの危険性がないか、湿気による腐敗がないかなど目視及び機器による調査を行います。

インスペクションプラス6

 

デジタルレベルによる調査
床の傾きを正確に計ることが出来ます。
さて、この芸人さんの住宅は・・・。

インスペクションプラス7

 

傾き加減をきちんとした数値で表すことにより、芸人さんも納得。


不動産診断サービスのサイトはこちらから

button.png

 

トップページへ戻る

 

 


会社概要 業務内容 訴訟鑑定研究会とは 広大地判定
東京事務所
埼玉事務所
弊社の強み
具体的な実績
FAQ
不動産の一般鑑定
不動産の簡易鑑定
インスペクション付鑑定評価
価格意見書(机上査定)
不動産の調査報告
セカンドオピニオン
地代に関する不動産評価
家賃に関する不動産評価
有料相談
総合的不動産診断サービス
よつば広報部
弊社の成果品について
理念
メンバー
特徴
仕事の流れ
調停・裁判における研究会の仕事
お役立ちリンク
研究会広報部
広大地判定の基礎知識と重要なポイント
広大地判定における3ステップ
該当事例
広大地適用が困難な場合は
判例・裁判例にみる広大地
広大地広報部
鑑定費用について メディア 不動産重要判例 お役立ち知識
弊社 の鑑定費用
評価書の用途と費用負担
書籍
士業向け情報誌
インタビュー記事
セミナー
テレビ・ラジオ・雑誌等の取材協力
相続
継続賃料
立退料
固定資産税
広大地
不動産鑑定評価
その他
不動産購入をお考えの方へ
依頼先を決める際の注意点
無料査定と鑑定評価との違い
注意が必要な場面
公的価格と時価
税務評価と鑑定評価の違い
善管注意義務の話